KODAWARI KOTOBUKI 性能へのコダワリKODAWARI KOTOBUKI 性能へのコダワリ

はじめに

やすらぎ、安全に過ごすことのできる空間のために…

化学物質が人体に入る手段は食事や呼吸、直接触れる、のいずれかです。
その中でも経皮(触れる)から吸収されたものはそのまま血中に入りやすく危険と言われています。
私たちの生活は便利になった代償として、化学物質との共存をさせられています。
だから食べ物を選ぶのと同じように、空気や素材も選ぶことが大切なのです。
化学物質が揮発する原因をなくす、界面活性剤が含まれる化学モップなどは使わないなど、
特に子供やペットが触れるところは気を付けて欲しい部分です。

寿工務店では、 “自然素材にこだわりぬいた” 安心で安全な住まいのご提供を常に心がけています。

はじめにイメージ

F☆☆☆☆マークって?

現在、世界に存在する化学物質は約1800万種、その内の10万種が工業的に生産され、使用されているのをご存知ですか?
しかし、日本で規制されているのは厚生労働省で13種・建築基準法ではホルムアルデヒド1種、しかも完全規制ではありません。
そして、その『ホルムアルデヒドが少ししか含まれていないので安全です』と主張しているマークが「F☆☆☆☆」なのです。
逆に言えば、化学物質が含まれている証拠のマークだということになります。その他の化学物質がどれだけ含まれているかは全く判りません。

最近は家具でも見かける「F☆☆☆☆」マーク。本当に安全なら、新品の家具や住宅のツンとする臭いがするはずがありません。

新築の臭い、新車の臭い、新品の家具の臭い、それらは全て化学物質の臭いなのです。化学物質は、臭いがなくなっても何十年も揮発し続けるものもあります。
本当に安全な建材は「新築の臭い=化学物質の臭い」がすると思いますか?
真水(無垢材)、毒が少ししか入っていない水(F☆☆☆☆)、どちらを飲みますか?

無垢材と集成材

KODAWARI KOTOBUKI イメージ

無垢材と集成材。新品の状態では集成材の方が強度が高いのは事実です。加えて狂いもほとんどありません。
しかし、木は水分を吸うと膨張し、乾燥すると収縮します。一度でも水分を吸って膨張収縮を行った集成材は、はく離を起こし始めます。そして、接着剤の効果は永久的ではありません。  いつかはその効果がなくなり、はがれます。
棟上げ以降、絶対に水分にさらすことなく施工することは不可能です。

コンクリートは熱を伝え、吸水します。また基礎が外気に触れている場合はそのコンクリートが結露を起こす可能性もあります。その基礎の上の土台に集成材を使用するというのは非常に危険です。

無垢材と集成材イメージ

集成材は一切使用しません。
構造材は全て無垢材で。それが自然素材へのコダワリです。

家の基本となる構造体。中国地方のほぼ真ん中に位置する日本でも有数のヒノキの産地「美作」。柱にはその美作ヒノキを仕上がり状態の4寸(12cm)角で使っています。また外周りの構造材のサイズは8寸成以上。そして柱も構造材もすべて無垢材、集成材は一切使用しません。


合板類は使用せず、下地材も無垢材に。

私たちの家づくりに「合板」という言葉は存在しません。それは、屋根の下地や床の下地など、完成してからは見ることが出来ない部分を含めて「使わない」ということです。
理由は集成材と同様、合板に使われる接着剤の耐久性、安全性に疑問があるからです。

ここがポイント!他社とのちがい!

  • 柱は仕上がりで、4寸角を標準としています。
  • 土台にはひのき、ヒバを使用します。
  • 外周桁は標準で8寸以上です。
  • サイズは柱と同じく仕上がりで4寸角です。
  • 屋根や床の下地も無垢材を使用します。

ここすき!更なるコダワリイメージ

ここすき!更なるコダワリ

ずっと綺麗な空気の“健康住宅”であるために。

自然素材を使うだけで、「健康住宅」と呼べるでしょうか? …いいえ、自然素材を使うだけでは綺麗な空気は生まれません。

家族との会話がはずむリビング、小さなお子様が遊ぶ子供部屋など睡眠時間を含めると家は一日の大半を過ごす我が家…。唯一空気を選ぶことが出来る空間、その空間はぜひ健康的でありたいものです。
しかし、私たちが便利と思って使っている家具や家電・衣類、掃除用品、新聞などから日々化学物質のガスは発散されます。 いくら住宅に自然素材を使っても、それらのガスが放散されて、素材が吸ってしまった時点で、新建材の家と変わりがなくなってしまいます。

では、どうすればよいのでしょうか?
本当に健康的な空間にするためには、それらのガスを常に吸着し、さらに分解させ続ける必要があるのです。
寿工務店では、そのために材料・工法・塗料や接着剤にまでこだわり抜いて厳選したものを使用しています!

コダワリ材料・工法のご紹介

項目又は画像をクリックして頂くと詳細をご覧頂くことができます。

  • 幻のしっくい幻のしっくい幻のしっくい幻のしっくい
  • FTS工法FTS工法
  • 音響熟成木材音響熟成木材
  • 清活畳清活畳
  • 小国床材杉小国床材杉
  • 天然糊(アイクロス)天然糊(アイクロス)
  • 天然塗料(キヌカ)天然塗料(キヌカ)
  • 天然接着剤(匠)天然接着剤(匠)

コダワリ自然素材家具イメージ

インテリア…日々生活する空間、直接体に触れる部分です。
だからこそ、家具や建具類も自然素材にこだわります。

自然素材へのこだわりは構造材や内装材だけではありません。
既製品の家具にどれだけの化学物質が含まれているかご存知ですか?

毎日触れる家具や建具。だからこそ、自然素材を使ってつくります。
大きくなっても違和感なく使える勉強机、ベンチとベビーチェアを組み合わせたダイニングテーブル、
子供の手でも届く洗面化粧台、キャットタワーなど、使う人に合わせた既製品にはない味わいのオリジナル家具です。


PHOTO GALLERY Click to larger size image

PAGE TOP