換気の重要性 株式会社寿工務店

吸水性がある断熱材は危険!!

内部結露による被害空気には水蒸気が含まれています。ところが空気が含むことのできる水蒸気の量には限界があります。この限界量は温度が下がるにつれて減少し、上がるにつれて増加します。空気中の水分量が限界に達したときの気温を『露点(ろてん)』と言います。夏場であれば暑い室内に置かれた氷を入れたコップの表面が結露します。これは氷に冷やされたコップの表面が露点以下になり、空気中の水分がコップ表面で冷やされ液体に戻った状態なのです。逆に冬は暖かい室内の空気が冷たい窓ガラス表面で冷やされ、窓ガラスの室内側表面で結露します。簡単に言うと結露は、『温度の高い湿った空気と冷たい部分とが接触するところで発生する』のです。


今、様々な「内断熱工法」があります。しかし、内断熱工法ではエアコンや24H換気用のダクト回りを含めて、完全に隙間を無くすことは略不可能に近いのです。現在、高性能サッシュやペアガラスのおかげで「目に見える結露」は起こらなくなりました。しかし、目に見えない部分、お家の要である構造体の回りは結露を起こしています。それは、パネル断熱、吹付充填断熱など様々な工法がありますが、構造材が外気に接してる以上、結露の可能性を含みます。


また、単純外断熱工法だけでは壁の中が結露を起こす可能性があります。単純外断熱の場合、防水気密シートで室内と壁との湿気の移動を防ぎますが、このシートを留めるのはタッカーと呼ばれるホッチキスですので、穴が空いたり隙間が出来たりします。シート1枚にお家の寿命を託すのは危険過ぎます。結露は、起こる原因を可能な限り排除することと、起きた場合は乾燥させること、この二つが重要です。だから、壁の中まで換気をする必要があるのです。

ミラフォームミラフォーム

お家は風や地震の影響を受けて揺れます。一般的な(外)断熱材は平らな面を繋ぎ合わせるだけですが、ミラフォームの場合は鍵状(相じゃくり)になっているため、万が一お家が揺れても断熱材に隙間が生じることがありません。



SA-SHE工法
私たちは、フロンガスを含まず新建材にも該当しない、ミラフォーム、ミラポリカフォームを使用します。断熱ボードの接合部には気密テープを貼ることにより、より気密性を高めます。    

SA-SHEの家の場合、断熱材を貼り終えた時点で気密テストを行います。気密テストとは、その家の隙間を診断するテストです。気密の性能を示すのに「C値」という単位を用いますが、C値とは総隙間面積を延床面積で割った値を指します。この値が低いほど隙間が少ない家ということですが、次世代省エネルギー基準では5.0c㎡/㎡以下とされています。私共の家では、0.5c㎡/㎡以下を基準としていますが、気密性が高い分、完全な換気計画が可能になります。高断熱・高気密と換気が合わさって、初めて住み良い環境が生まれるのです。
最近は「高気密住宅」という表現が多くなりましたが、C値が0.7c㎡/㎡を超えている住宅では24時間計画換気は完全に機能しません。