家の工法と性能のこだわり TIP構法 株式会社寿工務店

家の工法と性能のこだわり

HOME > 新築 > 家の工法と性能のこだわり > 家の工法と性能のこだわり TIP構法

お客様が住宅に本当にこだわる所はどこでしょう?
構造・機能性・間取り・デザイン・温熱環境・・・こだわるところは千差万別です。寿工務店のご提案するこだわりの家づくりのご紹介です。

耐震へのこだわり

耐震の取り組み「TIP構法」耐震の取り組み「TIP構法」

TIP構法とは、「住む人に安心を実感してもらう。」ことをコンセプトに、東京工芸大学工学部の上西秀夫教授を中心に10年の歳月を費やし開発されたによって開発された木造住宅用耐震構法です。

その優れた性能は、住宅金融公庫融資住宅の木造住宅工事共通仕様書による構法の2.69倍という耐震強度を持っており、費用や施工日数も従来とほとんど変わりがありません。

また、施工は協会正会員である工務店の優秀な職人が技術セミナーを受けた後担当するので、的確な工事を行うことが出来ます。

このTIP構法は力学を有効に活用した建築構法で、しかも日本で初めて、大学機関によって開発された構法であります。

地震・台風はいつ起こるかわかりません。どの位の規模で起こるかもわかりません。

しかし、万全の備えがあれば災害は最小限に食い止められるのです。

そして、それは私たちが取りうる唯一の自衛手段なのです。日本TIP建築協会

寿工務店は「日本TIP建築協会」の会員です!!

TIP構法の特徴


ゆれにくい剛性が大きい家、すなわち変形のしにくい家となるので、地震のとき、家の揺れが少なくなります。

こわれにくい家としての強度が大きくなるので、地震や台風にも倒れにくくなります。

ねばりづよい大きな変形を受けても、いつまでも倒壊しない粘り強さがあります。

傾きにくい地震で横振れを受けても、地震が終わった後は、元の状態に戻ります。

直しやすい大きな地震等で被害を蒙ることがあっても小さな被害ですみ、修繕が容易です。



さて、TIP構法の名称につきましては、2つの意味があります。

TIP構法ひとつは、構法の特徴でもある、三角形の(Triangular)接合用(Incorporate)合板(Plywood)を用いた構法という意味。 もうひとつは、東京工芸大学の英文名(Tokyo Institute of Polytechnics)のイニシャルです。

特徴といたしましては、
1.筋かい端部を、ガゼットプレート(直角二等辺三角形の構造用合板)と釘を用いて柱と横架材の両方に接合し、
2.外壁の下地板を斜め45度(一般には水平)に張ることによって耐震性を著しく向上させたもので、長い歴史を持つ従来軸組構法をさらに進化させたものです。

「どんな地震・台風にも耐える丈夫な住まいであってほしい」そんな願いをこめて開発したTIP構法。
どうぞその安全性・信頼性をご確認ください。

TIP構法

下地板水平張り

重りをのせて水平力を加えると、
模型が歪むのがわかります。

下地板斜め張り

重りをのせて水平力を加えても、
模型は殆ど歪みません。