ZEH

寿工務店ではゼロエネルギー住宅の普及に取り組み、
2020年度までにZEH(及びNearly ZEH)の占める割合を50%以上とすることを目標とします。

ZEHの周知、普及に向けた具体策として

我社は真夏真冬でも全館が暑くなく寒くなく温度差がない家をご提案しています。それを実現する為に、躰体の断熱性能を高めるのは当然のこと、合わせて気密性能も高め、そのふたつが合わさることでシミュレーションどおりの計画換気が行われるようになっています。そこに1台のエアコンのみを組み合わせて全館空調を可能にする、それが我社の家づくりの基本コンセプトです。また生活で使うエネルギーも最小となるように、給湯機器や家電・照明など、高効率や省エネタイプのものを採用します。そしてそれらが消費するエネルギーを太陽光発電等の自然エネルギーで賄いエネルギー収支ゼロの家を実現します。それを実際の宿泊体感型モデルハウスで体感していただき、その感想などを自社ホームページやポータルサイト、雑誌等の媒体に掲載し、ZEH住宅の魅力や必要性などの情報発信を行っていきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策として

採光には配慮しつつ日射取得に不利となる面の開口面積は最小にする、相反するプライベートとパブリックの空間を上手に共存させるなど、使い勝手と住み心地の両立と、面積の効率化を図ったプランをご提案します。快適な温湿度に保たれた空気が室内を移動しやすいような間取りにすることや、季節によって換気の給排気の風量バランスを変えることで自然に排熱や蓄熱を促すことで、より省エネな換気と空調管理を可能とします。住み続ける上で補修や交換などが必須な部材は極力採用をせず、初期コストだけではなくメンテナンスコストまでを重視した提案を行います。以上から、快適性と省エネ性を満たしつつ、トータルコストを抑えたプランをご提案します。

その他の取り組みとして

机上の計算だけでなく、住み心地に影響する次のものは実際に測定を行います。
ひとつは気密測定。C値0.3㎠/㎡程度を基準とします。ふたつ目は換気の風量測定。換気に必要な給気量が確保されているか風量測定器による測定を行い、熱交換器から居室までの距離に関係なく均等な給気量となるように調整します。作業性を考慮した換気設備専用の機械室を設けることで、フィルターなど定期的にメンテナンスが必要なものはお施主様に負担をかけることなく作業が行える環境をつくります。そしてそれらを総合して、建てた後の『住み心地』を保証いたします。

実績報告

28年度実績 13%
29年度目標 10%
30年度目標 20%
31年度目標 30%
32年度目標 50%

BELS

寿工務店ではゼロエネルギー住宅の普及に取り組み、
2020年度までにBELSの占める割合を100%とすることを目標とします。

実績報告

29年度実績 3件
30年度実績 4件

PAGE TOP